日本不動産ジャーナリスト会議

日本不動産ジャーナリスト会議サイトへようこそ。

<< 第2回日本不動産ジャーナリスト会議賞 特別記念講演会の開催のお知らせ | 日本不動産ジャーナリスト会議 | 日本不動産ジャーナリスト会議平成25年度(2013年度)定期総会と特別研修会(第136回)を開催 >>

日本不動産ジャーナリスト会議平成24年度(2012年度)定期総会を開催

  日本不動産ジャーナリスト会議は6月7日、平成24年度(2012年度)の定期総会を開催しました。平成23年度の事業報告と収支決算報告、平成24年度の事業計画と予算案などを審議し、了承を得ました。今年度も、阿部和義代表幹事を中心に、伊能肇幹事、大越武幹事、小澤和裕幹事、川上堪永幹事、藤井繁子幹事、霊山智彦幹事、池上博監事、千葉利宏幹事(事務局)という体制で活動を行います。平成23年度に実施した研修会など活動は下記の通りです。
<平成23年度事業報告の件>

1.平成23年4月12日(火)、第116回研修会を日本記者クラブで開催
演題:環境と不動産投資の両立をめざして
講師:国土交通省土地・水資源局土地市場課長 田尻 直人氏

2.平成23年5月13日(金)、第115回研修会(延期)を日本記者クラブで開催
演題:日本の水源林の危機―グローバル時代にふさわしい土地制度へ
講師:東京財団主任研究員 平野 秀樹氏

3.平成23年6月21日(火)、第117回研修会を日本記者クラブで開催
演題:公的住宅金融のめざすもの
講師:(独)住宅金融支援機構理事長 宍戸 信哉氏

4.平成23年7月6日(水)、第118回研修会を日本記者クラブで開催
演題:「木造住宅産業と林業、国際森林年の動向」
講師:住友林業株式会社/社団法人日本木造住宅産業協会 会長 矢野 龍氏

5.平成23年7月22日(金)、定期総会と第119回研修会を日本記者クラブで開催
定期総会:平成22年度事業と収支決算を承認
    :平成23年度事業計画と予算を承認
演題:まちづくりにおけるエネルギーマネジメント
講師:日本設計 取締役常務執行役員環境・設備設計群長 佐藤 信孝氏

6.平成23年9月14日(水)、民間都市開発推進機構との意見交換会を機構本社で開催
出席者:民間都市開発推進機構理事長 武藤 英二氏、同副理事長 吉井 一弥氏ほか

7.平成23年10月18日(火)、住宅金融支援機構との意見交換会を機構本社で開催
出席者:住宅金融支援機構理事長 宍戸 信哉氏、同理事長代理 河村 正人氏

8.平成23年10月26日(水)、第120回研修会を日本記者クラブで開催
演題:中古住宅・リフォーム市場の課題と民主党住宅リフォーム議連の取り組みについて
講師:民主党住宅リフォーム議連幹事長 参議院議員 中村 哲治氏

9.平成23年11月21日(月)、第121回研修会を日本記者クラブで開催
演題:新しい不動産市場を展望する
講師:国土交通省土地・建設産業局 建設流通政策審議官 佐々木 基氏

10.平成23年12月6日(火)、UR都市再生機構の柏・豊四季台団地の現地見学会を開催
出席者:都市再生機構千葉地域支社団地再生業務部、東京大学高齢社会総合研究機構

11.平成23年12月16日(金)、第122回研修会を星陵会館で開催
演題:ソフトバンクの自然エネルギー戦略
講師:ソフトバンク広報室顧問 田部 康喜氏(元朝日新聞論説委員)

12.平成24年2月1日(水)、第123回研修会を星陵会館で開催
演題:3.11後の新しいまちづくり―総合特区と環境未来都市
講師:内閣官房地域活性化統合事務局長 和泉 洋人氏

13.平成24年3月1日(木)、第124回研修会を日本記者クラブで開催
演題:同潤会の歴史から。復興における住宅問題を考える
講師:計画工房主宰 村上 美奈子氏(東京建築士会副会長)

14.平成24年3月7日(水)、第2回日本不動産ジャーナリスト会議賞の特別記念講演会を日本記者クラブで開催
◆選考委員長の報告=三橋 博巳(社)日本不動産学会会長
<プロジェクト賞>
◆三井不動産ほか 
講師:三井不動産日本橋街づくり推進部部長 新原 昇平氏
演題:『残しながら、蘇らせながら、創っていく』日本橋の街づくり
◆熊本市ほか
講師:熊本市観光振興課長・仙波 英明氏
演題:桜の馬場城彩苑整備と観光客の動向について
<著作賞>
◆講師:(株)住信基礎研究所研究理事 古倉 宗治氏
演 題:成功する自転車まちづくり
◆講師:東京理科大学教授 川向 正人氏
演 題:小布施町づくりの奇跡

[その他活動]
・REJA公式サイト&ニュースサイトの運営
・平成23年度の新規入会者=2人、退会者=0人(正会員&特別会員71人、会友3人)
平成23年度の新規入会者は森田美晴氏(ルーフネット代表)、山本晃一氏(朝日新聞経済部)です。

この記事に対するコメント

コメントする















お問い合わせメールフォーム