日本不動産ジャーナリスト会議

日本不動産ジャーナリスト会議サイトへようこそ。

日本不動産ジャーナリスト会議が日本不動産学会から表彰される


 日本不動産ジャーナリスト会議は、2010年11月27日に東京・文京区の東大工学部14号館で開かれた日本不動産学会(会長・三橋博巳氏)の秋季全国大会で業績賞を受賞した。この日、阿部和義代表幹事と大越武幹事が出席して、三橋会長から表彰状と副賞の楯が贈られた。授賞理由は「21年間にわたる不動産問題への取り組み・啓蒙活動と貢献」が認められた。
日本不動産学会
写真】三橋会長から表彰状を受け取る阿部・代表幹事(東京都文京区の東大工学部14号館で)

 具体的な理由として「1989年に結成され、21年にわたり土地・住宅問題、都市問題、不動産投資市場・不動産証券化問題などに関心を持つ一般紙(誌)、専門紙(誌)の新聞記者や雑誌記者などの不動産ジャーナリスト60有余名(発足時は25人)が加入する専門的職能集団として、不動産全般についてオピニオン的役割を担ってきた。対外的に随時、効果的な情報発信をしてきた。毎月1回開催する研修会は2010年7月で109回を数え、政界、官界、財界、学界のリーダーを講師に招き、そのテーマ・内容は不動産学研究にも貴重な知的財産になっている。フォーラムやシンポジウムなどもタイムリーに企画して啓蒙活動を行ってきた。今回、日本不動産ジャーナリスト賞を創設してさらなる社会貢献事業を展開している」となっている。

 受賞に対して阿部代表幹事は「不動産ジャーナリスト会議の代表として、晴れの表彰式に来ました。ジャーナリストは広く浅くで仕事をし、学者は逆に狭く深くであり、こうした学会から表彰されたのはひとえに長く続けていたということが認められたと感謝してます。今更ながら継続は力なりと思いました。ありがとうございます」とお礼の言葉を述べた。

第1回(平成22年度)日本不動産ジャーナリスト会議賞の「表彰式」&「特別記念講演会」を11月24日に開催

 日本不動産ジャーナリスト会議(REJA、阿部和義代表幹事)は、平成21年9月の設立20周年を記念し、社会貢献活動の一環として「日本不動産ジャーナリスト会議賞」を創設、第1回受賞者の表彰式と特別記念講演会を2010年11月24日(水)に千代田区永田町の「星陵会館」で開催します。
 
日時:2010年(平成22年)11月24日(水)16時〜
会場:星陵会館(東京都千代田区永田町2-16-2 TEL03-3581-5650)

<プログラム>
[第1部]表彰式(2階ホール、16:00〜16:30)
ヽ会あいさつ  代表幹事  阿部 和義
∩考結果報告  選考委員長 三橋 博巳(社)日本不動産学会会長
I従桓
[第2部]記念特別講演会(2階ホール、16:30〜18:30)
<プロジェクト賞>
◆三菱地所 丸の内パークビルディング・三菱一号館
  講師=合場直人三菱地所常務執行役員
◆UR都市再生機構 ひばりが丘団地ストック再生実証実験
  講師=内藤宏UR都市再生機構・住まい技術研究チームリーダー
<著作賞>    
◆住宅新報社連載「よく分かる不動産証券化とビジネス活用」
  講師=田辺信之宮城大学教授
[第3部]記念パーティ(4階ホール、18:30〜21:00、参加費3000円)

 講演会は無料で、どなたでも参加できます。聴講を希望される方は、ホームページ右サイドにある「問い合わせメールフォーム」をクリックして、氏名、所属、連絡先などを記入し、事務局までご連絡ください。

 講演会のあと、記念パーティを開催します。参加される方は、メールに「パーティ参加」と記入のうえ、当日会場受付にて参加費3000円をお支払い願います。

【お知らせ】第1回日本不動産ジャーナリスト会議賞を決定

 日本不動産ジャーナリスト会議は、2009年9月の設立20周年を記念して日本不動産ジャーナリスト会議賞を創設、先の定期総会で第1回受賞者を決定しました。
<プロジェクト賞>
■丸の内パークビルディング・三菱一号館(受賞者・株式会社三菱地所)
■ひばりが丘団地ストック再生実証試験(受賞者・独立行政法人都市再生機構)
<著作賞>
■よく分かる不動産証券化とビジネス活用(受賞者・田辺信之・宮城大学教授)
続きを読む >>

衆議院議員・国土交通委員会筆頭理事の小泉俊明氏が講演

 日本不動産ジャーナリスト会議は6月24日、講師に民主党衆議院議員で国土交通委員会筆頭理事の小泉俊明氏を招き、第108回研修会を開催しました。テーマは「民主党マニフェストにみる住宅・土地政策」。参院選挙を目前にして日本経済が直面している問題と解決策について忌憚のない考え方を披露しました。
小泉俊明議員 小泉議員は取手市議(茨城県)を経て2000年6月の衆院選挙で初当選し、2009年8月の衆院選当選で3期目。講演では、バブル崩壊後低迷が続く日本経済について「地価と株価が下がり続けていることが最大の原因」との見方を示し、税制改正などによって地価と株価を上げ、カネの回りを良くする政策の必要性を訴えました。住宅政策では住宅金融の強化が重要であるとし、公的機関による直接融資の復活が必要との認識を示しました。

【お知らせ】REJA幹事に藤井繁子氏と小澤和裕氏を選任しました

 日本不動産ジャーナリスト会議は、6月24日に開催した定期総会で、平成22年度の幹事団を選任しましたので、お知らせします。

代表幹事・阿部 和義(再任)
  幹事・伊能 肇(再任)
  幹事・大越 武(再任)
  幹事・小澤 和裕(新任)
  幹事・川上 湛永(再任)
  幹事・千葉 利宏(再任)
  幹事・藤井 繁子(新任)
  幹事・霊山 智彦(再任)
  監事・池上 博史(再任)

 長らく幹事を務めた柄澤浩氏(住宅新報社編集長)が業務多忙なため退き、新たに藤井氏と小澤氏を幹事に選任しました。よろしくお願いします。






お問い合わせメールフォーム