日本不動産ジャーナリスト会議

日本不動産ジャーナリスト会議サイトへようこそ。

【会員紹介】千葉 利宏(ちば・としひろ)

[経済ジャーナリスト]
chiba1958年北海道札幌市生れ。東京理科大学理工学部建築学科を卒業後、84年に日本工業新聞(現・フジサンケイ・ビジネスアイ)に入社、経済・産業記者として活動。これまで担当してきた主な分野は、次の通り。


85〜86年 半導体産業担当(主な担当事案:日米半導体摩擦)
86〜90年 コンピュータ産業担当(IBM著作権紛争、日米構造協議)
91〜93年 日銀担当(バブル崩壊、住宅専門金融会社問題)
93〜96年 自動車産業担当(日米自動車摩擦問題)
96〜00年 建設省(現・国土交通省)担当(ゼネコン経営破たん、不動産証券化)
2001年〜 個人事務所として(有)エフプランニングを設立し、ジャーナリスト活動をスタート。日本不動産ジャーナリスト会議幹事、有限責任中間法人IT記者会 会員(http://www.itkisyakai.jp/
◆千葉利宏の未来計画新聞
http://www.miraikeikaku-shimbun.com/
◆掲載コラム
ユビキタス住宅とは?(2004-03-18)
地域コミュニティづくりで注目されるSNSの活用法(2006-09-25)

【会員紹介】川上 湛永(かわかみ・やすひさ)

[ジャーナリスト]
 1966年、早稲田大学政経学部卒。東大新聞研究所(中退)を経て、朝日新聞社入社。青森支局、横浜支局、川崎支局を経て、東京通信部。東京社会部に転じ、建設省担当として、住宅、都市、マンション、地価問題などを主に取材。東京版デスク。遊軍時代は、インドシナ難民問題を取材。
 川崎支局長を経て、販売局宣伝部次長、代表室幹事。沖縄沖のサンゴにカメラマンが文字を彫り、それを自然破壊の象徴として報じた「サンゴ事件」を機に、読者広報室の創設に関わり、読者広報室幹事。その後、不動産業務室副室長を経て、関連会社に出向、朝日中国文化学院長、蠶日新聞リアルエステート専務。08年6月、定年退職。
 地域のマンション問題にも取り組み、管理組合理事長を3期務める。08年4月から、横浜市マンション管理組合サポートセンター交流会の青葉区座長。
 著書に「NGOの挑戦」(共著)などがある。

◆掲載コラム
建築確認不況は深刻に(2007-12-14)






お問い合わせメールフォーム