日本不動産ジャーナリスト会議

日本不動産ジャーナリスト会議サイトへようこそ。

<< 【お知らせ】REJAニュースサイトを開設しました | 日本不動産ジャーナリスト会議 | 安易に景気対策で、住宅政策を歪めてはならない(2008-11-12:住宅ジャーナリスト・小菊豊久) >>

東急不動産社長の金指潔氏が講演

 日本不動産ジャーナリスト会議は10月14日、講師に今年4月に東急不動産社長に就任した金指潔氏を招いて、第91回研修会を開催しました。演題は「東急不動産のこれからと社長になって思うこと」。社長就任早々に不動産市況の悪化という局面を迎えていますが、「ジタバタせずに、将来の成長に向けた戦略を着実に進めていきたい」と抱負を述べました。
toukyufudosankanazashi 金指氏は、東急不動産に入社後、東急ホームなどの子会社に在籍していた期間が長く、98年に東急不動産本体の役員として戻ってきた異色の経歴。ざっくばらんな話し振りで、オフレコ満載(?)の楽しい講演となりました。冒頭に今年度からスタートした3年の中期経営計画「Grow Value 2010」の説明があり、安定的な賃料収入が得られる山手線南半分エリアの大型オフィス物件がこの10年間で大きく増加、これから本格化する渋谷駅周辺開発の最新動向についても紹介がありました。その後はREJA会員と最近の不動産・住宅市況を中心に意見交換を行いました。(文責・千葉)

この記事に対するコメント

コメントする















お問い合わせメールフォーム