日本不動産ジャーナリスト会議

日本不動産ジャーナリスト会議サイトへようこそ。

<< 日本不動産ジャーナリスト会議平成24年度(2012年度)定期総会を開催 | 日本不動産ジャーナリスト会議 | 日本不動産ジャーナリスト会議賞(第3回)の受賞者について >>

日本不動産ジャーナリスト会議平成25年度(2013年度)定期総会と特別研修会(第136回)を開催

 日本不動産ジャーナリスト会議は2013年6月6日、定期総会と特別研修会を開催しました。最初に国土交通省の鶴保庸介副大臣から「我が国の中古住宅流通市場活性化に向けて」と題した特別講演があり、活発な質疑応答がありました。その後の定期総会では、平成24年度の事業報告と収支決算報告、平成25年度の事業計画と予算案などを審議し、了承を得ました。2013年度も、阿部和義代表幹事を中心に、伊能肇幹事、大越武幹事、小澤和裕幹事、川上堪永幹事、藤井繁子幹事、霊山智彦幹事、池上博監事、千葉利宏幹事(事務局)という体制で活動を行います。なお、24年度は、不動産協会の木村惠司理事長らを講師に招いて10回の研修会、東京建物の佐久間一社長らをゲストに3回の昼食懇談会、住宅金融支援機構経営陣との意見交換会などを開催しました。詳しい内容は下記の通りです。
鶴保庸介国土交通副大臣 

■平成24年度事業報告

1.平成24年4月27日(金)、第125回研修会を日本記者クラブで開催
演題:世界の不動産業界の展望と課題
講師:不動産協会 理事長 木村 惠司氏

2.平成24年5月23日(水)、第126回研修会を日本記者クラブで開催
演題:空き家問題の現状と今後の取り組みについて
講師:国土交通省住宅局住宅総合整備課長 伊藤 明子氏
   日本住宅総合センター研究部副主任研究員 行武 憲史氏

3.平成24年6月7日(木)、第127回研修会を日本記者クラブで開催
演題:野田政権の政策課題
講師:内閣官房副長官 竹歳 誠氏

研修会終了後に平成24年度定期総会を開催

4.平成24年6月29日(金)、第128回研修会を日本記者クラブで開催
演題:新社会資本整備で国土構造をこう変える―国土強靭化基本法案が目指すもの
講師:衆議院議員・自民党国土強靱化総合調査会事務総長 福井 照氏

5.平成24年7月27日(金)、住宅金融支援機構との懇談会を機構本社で開催
出席者:住宅金融支援機構理事長 宍戸 信哉氏ほか

6.平成24年9月14日(金)、第129回研修会を日本記者クラブで開催
演題:創造的人材を惹きつける地域づくり
講師:総務省自治行政局地域自立応援課長 牧 慎太郎氏(現・熊本市副市長)

7.平成24年9月28日(金)、第1回昼食懇談会を日本記者クラブで開催
ゲスト:高層住宅管理業協会 理事長 山根 弘美氏(ダイワサービス社長)

8.平成24年10月2日(火)、都市再生機構技術研究所の見学会を開催
出席者:都市再生機構 技術研究所所長 芳賀 昇平氏ほか

9.平成24年11月16日(金)、第130回研修会を日本記者クラブで開催
演題:土地市場と不動産業の将来展望
講師:国土交通省 建設流通政策審議官 日原 洋文氏

10.平成24年12月13日(木)、第2回昼食懇談会を日本記者クラブで開催
ゲスト:マンション管理士会連合会会長 親泊 哲氏

11.平成24年12月25日(火)、第131回研修会を日本記者クラブで開催
演題:中古住宅流通市場の展望と課題
講師:三井不動産リアルティ社長 竹井 英久氏

12.平成25年1月29日(火)、第132回研修会を日本記者クラブで開催
演題:住宅政策がめざす方向
講師:国土交通省 住宅局長 井上 俊之氏

13.2013年2月25日(月)、第3回昼食懇談会を日本記者クラブで開催
ゲスト:東京建物社長 佐久間 一氏

14.平成25年2月28日(木)、第133回研修会を日本記者クラブで開催
演題:新たな価値を創出する、新・不動産メディアの開発―東京R不動産の実践
講師:(株)スピーク代表取締役 林 厚見氏

15.平成25年3月18日(月)、第134回研修会を日本記者クラブで開催
演題:不動産取引活性化のための未来への提言
講師:日本大学経済学部教授 中川 雅之氏

■平成24年度の新規入会者=6人、退会者=2人(正会員72人(休会中1人)、会友5人)
<新規会員>
森田美晴氏(ルーフネット代表)、山本晃一氏(朝日新聞経済部)、安達功氏(日経BP社建設局プロデューサー)、福岡伸一氏(月刊不動産流通編集次長)、望月義人氏(早稲田大学メディア文化研究所招聘研究員、元朝日新聞経済部)、斎木純一氏(フジサンケイビジネスアイ常務)
<退会→会友>
阿曽香氏(元リクルート住宅総合研究所主任研究員)、木村平三九氏(産経新聞OB)
・なお、平成25年度に入って高橋幸男氏(不動産経済研究所社長)が入会しました。

この記事に対するコメント

コメントする















お問い合わせメールフォーム