日本不動産ジャーナリスト会議

日本不動産ジャーナリスト会議サイトへようこそ。

<< 【会員情報】田中一博氏、松本英雄氏、澁井篤敬氏が入会しました | 日本不動産ジャーナリスト会議 | 日本不動産ジャーナリスト会議設立20周年記念で講演会とパーティを開催 >>

日本不動産ジャーナリスト会議は設立20周年を迎えました

<2009年9月15日 設立20周年記念式典の阿部和義代表幹事の挨拶から>

阿部和義代表幹事の挨拶 本日はお忙しい中、日本不動産ジャーナリスト会議の20周年記念の式典に出席いただきありがとうございます。20年前に25人で作った時には、「すぐにつぶれるのではないか?」「人が集まるのか?」などと言われてきました。そうした中で、今日まで続けてこられたのは、建設省(現・国土交通省)や住宅金融公庫(現・住宅金融支援機構)、日本住宅公団(現・UR都市機構)などのご協力がありました。とくに(財)日本住宅総合センターには設立当初から多大なご支援をいただきました。

 考えてみますと不動産業界も日本不動産ジャーナリスト会議の設立当初はバブル景気の中で、経営も順風万帆でした。ところが、バブルがはじけてから不動産は資産デフレになり不況に見舞われました。こうした時代に不動産ジャーナリスト会議も不動産の流動化について、国土交通省、業界と協力してシンポジウムや勉強会をして、対外的に発表をしてきました。

 外資が入ってきてファンドができ、不動産投資信託(J-REIT)も認められて、都心部の土地などが値上がりするなどミニバブルが起きました。不動産業界もほっとしたところ、米国から突然サブプライムローンによる金融不安の影響が押し寄せて、倒産する会社も出てきました。

 目まぐるしく変わる変化の中で、日本不動産ジャーナリスト会議もそれなりの勉強をし、対外的な情報発信をして来ました。これからも引き続き活動をしてゆきますので、ご支援をお願いいたします。

 終わりにあたり、他界された初代の代表幹事の山見郁雄さん、2代目の本吉庸浩さんや幹事であった佐藤寿夫さん、恩田幸夫さんのご冥福をお祈りいたします。
(2009年9月15日)

この記事に対するコメント

コメントする















お問い合わせメールフォーム