日本不動産ジャーナリスト会議

日本不動産ジャーナリスト会議サイトへようこそ。

<< 村井忠夫のマンション管理ブログが連載3周年を達成 | 日本不動産ジャーナリスト会議 | 日本住宅総合センター専務理事が大柿晏己氏が講演 >>

馬淵澄夫国土交通副大臣が講演

 日本不動産ジャーナリスト会議は09年12月9日、講師に衆議院議員の馬淵澄夫国土交通副大臣を招き、第103回研修会を開催しました。テーマは「建築基準法改正と今後の住宅政策について」。馬淵副大臣は、新たに建築基本法の制定も視野に入れ、建築基準法の改正案の国会提出は2010年の通常国会ではなく、2011年とし、当面は省令・告示による運用の改善で対応する考えを示しました。
mabuchi 馬淵副大臣は、横浜国立大学工学部土木学科を卒業後、三井建設に技術者として入社。その後、数社を経て2003年11月に衆議院議員に初当選。2005年10月発覚した耐震強度偽装事件(姉歯問題)について国会での厳しい追及で一躍、有名になりました。
 姉歯問題をきっかけに改正された建築基準法が2007年6月に施行されると、建築確認検査業務が混乱し、大幅に建築着工件数が減少。この問題を解決するべく、民主党政権では早い段階で建築基準法改正を打ち出していましたが、馬淵副大臣は、建築確認検査の「迅速化」、申請書類等の「簡素化」、「厳罰化」の3つの方針に基づいて建築基準法改正作業を進めていくと述べました。
主な発言内容は「REJAニュース」に掲載します。

この記事に対するコメント

コメントする















お問い合わせメールフォーム