日本不動産ジャーナリスト会議

日本不動産ジャーナリスト会議サイトへようこそ。

不動産ジャーナリスト会議名簿

[※のある会員は、名前をクリックすると【会員紹介】ページがあります]

安達 功     日経BP社 

阿部 和義 ※  経済ジャーナリスト

飯田 太郎    TALO都市企画

池上 博史    住宅産業新聞社
 
池田 靖      日刊建設通信新聞社

伊藤 俊祐    産経新聞社

伊能 肇 ※   住宅・不動産ジャーナリスト

大柿 晏己    (財)日本住宅総合センター

大久保 恭子 ※  

大越 武 ※

太田 三津子

小澤 和裕    建通新聞社

小倉 正男    ジャーナリスト

尾野村 祐治

兼平 賢司    環境建築新聞社

柄澤 浩     住宅新報社

加藤 憲一郎   住宅問題評論家

蒲池 紀生

川上 湛永 ※  ジャーナリスト

木村 久明 

工藤 泰志    言論NPO代表

小菊 豊久
 
斎木 純一    フジサンケイビジネスアイ

斉藤 良介    オフィス・サードアベニュー

坂根 康裕 ※  住宅評論家

坂本 和雄

澁井 篤敬    週刊住宅新聞社

神内 敏之   (財)日本住宅総合センター

菅 健彦     日経BP社

関根 昭義    元・NHK

高木 利通   (株)グローバル経済研究所

高橋 幸男   (株)不動産経済研究所

竹下 隆夫

竹田 智志

田中 一博     日刊建設通信新聞社

千葉 利宏 ※  (有)エフプランニング

角田 勝司     (株)不動産経済研究所 

中沖 泰雄     日刊工業新聞

中山 紀文    (株)創樹社

丹羽 洋子     (株)不動産流通研究所 月刊不動産流通

野中 清志     住宅コンサルタント

長谷川 徳之輔

畑中 達敏

平岡 潤六     NHK

平澤 和弘     (株)創樹社

福岡 伸一    (株)不動産流通研究所 月刊不動産流通

福士 泉      編集企画シーズ・ファクトリー

藤井 繁子     住生活ジャーナリスト

藤原 利彦
 
古川 興一    (株)創樹社

古川 節彌
 
本多 信博     住宅新報社

前川 雅之     元・日本ビルヂング協会連合会事務局

松原 文雄    弁護士

松本 隆正     元・不動産協会常務理事

松本 英雄    週刊住宅新聞社

宮地 忠継    全国貸地貸家協会専務理事・新聞編集長    

宮本 幸彦    金融ジャーナリスト
 
村井 忠夫 ※  マンション管理評論家
 
目黒 孝一    住宅・不動産ジャーナリスト

望月 義人    早稲田大学招へい研究員(元・朝日新聞)

森田 茂生     年友企画(株)

森田 喜晴     ルーフネット代表
 
山下 努 ※    朝日新聞社

山下 靖典

山本 久美子 ※  住宅ジャーナリスト

山本 晃一      朝日新聞社

吉岡 達也
 
霊山 智彦 ※  ジャーナリスト

【会友】
阿曽 香

木村 平三九

西村 文宏
 
※のある会員は、名前をクリックすると【会員紹介】ページがあります。
(2014年6月2日現在:正会員69人、会友3人)

【会員紹介】坂根 康裕(さかね・やすひろ)

[住宅評論家]
sakane1987年株式会社リクルート入社。不動産(オフィス、厚生施設)の取得業務に携わる。1994年に住宅情報事業部へ。『住宅情報スタイル首都圏版』編集長、特別編集『都心に住む』編集長を経て、2005年10月独立。現在、ウェブマガジン「家の時間」編集長、All About「高級マンション」ガイドを努める。 有限会社エムエイチスリー代表取締役。
著書に『理想のマンションを選べない本当の理由』(ダイヤモンド社)

◆掲載コラム
眺望に投資する、という発想(2008-09-10)

◆ウェブマガジン「家の時間」
http://www.ienojikan.com/
◆ All About「高級マンション」
http://allabout.co.jp/house/hgmansion/

【会員紹介】大越 武(おおこし・たけし)

[経済ジャーナリスト]
ookoshi1968年(昭和43年)3月上智大学文学部新聞学科卒、同年4月(株)日刊工業新聞社編集局入社、86年3月南東京支局長、91年12月編集局第2産業部長、92年3月論説委員を兼務。
96年11月(株)大京入社、97年2月広報部長、2000年6月取締役広報部長兼宣伝部長、2006年6月退社。
2006年7月(株)大越事務所を設立、代表取締役(現在)。
昭和19年生まれ、茨城県出身。
[主な団体]
日本不動産ジャーナリスト会議幹事(現在)
上智不動産ソフィア会会長(現在)
http://re-sophians.hp.infoseek.co.jp/
[主な委員]
(社)日本不動産学会「業績賞」選考委員(現在)
http://www.jares.or.jp/jp/
◆(株)大越事務所の公式サイト
http://xian-9.ath.cx/~ookosi/index.html
◆掲載コラム
住宅(内需)中心の経済構造改革は、いつ訪れるのか(2003-12-03)
遠い田舎暮らしか、首都近郊での2地域居住か(2007-09-12)

【会員紹介】霊山 智彦(よしやま・としひこ)

[ジャーナリスト]
1961年、早稲田大学第一文学部卒業。雑誌社旺文社を経て翌62年読売新聞社入社。
社会部、日曜版編集部、解説部などの記者として都市住宅、交通、河川、市民活動などの取材、記事執筆活動にあたる。98年編集局専任部長で同社を定年退職し、企画編集業の有限会社メディアコーポ代表取締役。
以後もフリーランスジャーナリストとして、同様領域の記事執筆・評論活動などを続ける傍ら、全国の道の駅を中心に配布するフリーペーパー「道21世紀新聞」(愛称、ルートプレス21)発行などを手がけるNPO法人「人と道研究会」編集担当理事。社団法人日本河川協会理事。財団法人住宅保証機構、財団法人住宅産業研修財団評議員。日本不動産ジャーナリスト会議幹事。99〜05年まで城西大学非常勤講師(NPO論)。

◆「道21世紀新聞」(ルートプレス21)
http://www.route-press21st.jp/

◆掲載コラム
都市再生への大きな期待と課題(2003-06-03)
不当な住宅被害、どう救済?(2006-02-03)

【会員紹介】阿部 和義(あべ・かずよし)

[経済ジャーナリスト]
abekazuyoshi1966年3月東京大学経済学部卒、同年朝日新聞社に入社。
長崎支局、前橋支局を経て東京本社経済部に。証券、金融、化学など担当し79年7月から建設省、住宅、不動産を取材する。当時は地価が上昇しつづけ住宅が買えないという不満が出た。
その後財界を担当し、名古屋本社経済部次長。再び経済部編集委員で財界、住宅、不動産を取材する。
2002年7月朝日新聞社を定年退社。
著書「トヨタモデル」(講談社現代新書2005年6月)ほか。
日本不動産ジャーナリスト会議代表幹事。

◆阿部事務所公式ページ
http://abe.jp-j.com/

◆三沢さんの無念の思い
http://misawa-toyota.jp-j.com/
三沢千代治・ミサワホーム創業者のミサワホームがトヨタ自動車に取られたいきさつ三沢さんの無念の思いを書く。

◆掲載コラム
江東区と国立市に不動産協会が反発(2003-03-05)
福田首相の200年住宅を応援しよう(2007-10-11)

【会員紹介】大久保 恭子(おおくぼ・きょうこ)

[マンション評価ナビ代表]
ookubo 1979年リクルート入社、87年から96年まで『週刊住宅情報』の編集長をつとめる。『女性のための住宅情報』や『ほしいリゾート』などの創刊も手がけ、シングル女性のマンション取得や、普通のサラリーマンのリゾートライフ、都心居住といった新たな住宅市場の創造にも貢献する。

 その後、住宅情報事業担当としてリクルート初の女性執行役員を経て、日立キャピタル株式会社に入社。リフォームローン等のマーケティング担当役員に就任。あわせてフラット35を専門に販売する日本住宅ローン株式会社の設立に取締役として参加。また、国土交通省住宅宅地審議会の住宅部会委員などの公務も数多く歴任している。

 現在は風の取締役社長として、WEBサイトマンション評価ナビの企画・運営の傍ら、住み手の視点からマンションや一戸建てのマーケティング・商品プランのプロデュースや、住関連企業のコンサルテーションを行っている。
◆マンション評価ナビ
http://www.mansion-hyoka.com

◆掲載コラム
シニアビジネスの難しさについて(2004-04-07)
50代、ポスト子育て世代の住みかえ(2006-12-27)

【会員紹介】山下 努(やました・つとむ)

 1986年、朝日新聞社入社。大阪経済部、東京経済部で、経済記者として取材活動してきた。2009年4月からアエラ編集記者。
◆掲載コラム
韓国の住宅バブルは崩壊するのか(2007-03-08)
リート型自治体への道/脱ゼネコン型ビジネスモデルへ御意見大募集(2007-03-28)
URと、今どきの団地妻のフシギな関係―男の「ダンチズム」と団塊リノベーション(2007-05-09)
シルバーマネーは不動産市場を激変させるか?(2008-12-11)

【会員紹介】山本 久美子(やまもと・くみこ)

[住宅ジャーナリスト]
山本久美子早稲田大学卒業後、福武書店(現ベネッセコーポレーション)を経てリクルート入社。『週刊住宅情報』(首都圏版)副編集長を務める傍ら、『女性のための住宅情報』『都心に住む』『東京山の手に住む』(以上はムック)、『住宅情報タウンズ』(フリーペーパー)などメディアプロデュースを担当し、2004年に独立。
マンションや戸建ての現場取材、建築家などの専門家取材、住宅購入者の取材や面談調査などの経験から得た幅広い知識を生かし、住宅関連誌の編集・執筆やセミナー・講演等を行っている。
取得資格に、宅地建物取引主任者、マンション管理士、ファイナンシャルプランナー(AFP・国家資格2級FP技能士)、住宅ローンアドバイザーなど。
著書に、『買い上手こそ!中古マンション 購入&リフォーム 得する選び方・改装術』、『今こそ!中古マンション 得する買い方・選び方』(小学館)ほか
■山本久美子のオフィスはこちら:http://www.ne.jp/asahi/yamakumi/office/T1.htm
■掲載コラム■
リノベーションは中古住宅市場の活性化の鍵になるか(2007-04-21)

【会員紹介】村井 忠夫(むらい・ただお)

[マンション管理評論家]
1931年(昭和6年)東京生まれ。住宅金融公庫・三井住友海上火災保険顧問を経て、2000年(平成12年)から2006年(平成18年)まで財団法人マンション管理センター主任研究員、総合研究所長。およそ25年前からマンション管理分野の講演・セミナー・原稿執筆に従事。標準管理規約改正、標準管理委託契約書改正、標準管理指針制定に参加。日本マンション学会・日本不動産ジャーナリスト会議の各会員。著書『マンション管理組合運営の手引き』(住宅新報社)、『マンション管理組合Q&A』(住宅新報社)『マンション管理組合相談事例集』(大成出版社)『耐震偽装・安全なマンションに暮らしたい』(共著・雲母書房)『マンションの危機管理入門』(住宅新報社)など多数。日経BP社のメールマガジン『マンション管理新時代』で長期対談シリーズ「これからのマンション管理を考える」(http://kenplatz.nikkeibp.co.jp/article/mansion/20070412/505972/)を連載。
◆村井忠夫のマンション管理ブログ
http://murai.realestate-jp.com/
◆掲載コラム
「マンションは管理を買え」って本当なんですか?(2005-02-09)

【会員紹介】伊能 肇(いのう・はじめ)

[住宅・不動産ジャーナリスト]
inou1972年、不動産経済研究所入社。日刊不動産経済通信記者として日本分譲住宅協会・住宅産業開発協会(現在の日本住宅建設協会の前身)、建設省・国土庁(現在の国土交通省)などを担当、健筆を振るう。95年編集部門統括取締役、2008年1月役員定年で退社。
現在、住宅・不動産ジャーナリストとして活躍するかたわら、日本不動産ジャーナリスト会議の幹事として重責を果たしている。千葉県出身、61歳。

◆掲載コラム
金融機関は大いなる疑問符に答えるべき時期が来ている(2003-04-03)
善管注意義務をめぐる怖い話。(2007-11-08)







お問い合わせメールフォーム